スパロボ道

スパロボの考察を中心にゲームやアニメ感想も書いていきます

ガイナックス社長逮捕に伴う「エヴァ報道」に対する庵野監督の寄稿に思うこと

ガイナックスの社長がわいせつで逮捕された際に、「エヴァンゲリオン」の会社と報道されていることについて、庵野監督がコメントを出しています。

【庵野監督・特別寄稿】『エヴァ』の名を悪用したガイナックスと報道に強く憤る理由(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

 

ガイナックス立ち上げから離脱、カラー設立までの経緯が事細かに語られているので必読です。

 

元記事を読んでもらえばわかりますが、まあひどいですね…。カラーが訴訟を起こしたとかは耳にしてましたが、ここまでボロボロの状態になっていたとは思いませんでした。こりゃトップ3も期待できないかな…。

 

ヱヴァQからシンの公開まで8年という空白期間がありますが、今回の記事を読んで合点がいきました。震災とガイナックスとの関係が重なれば誰だって精神病みますよ。しかも相手は学生時代の親友。そんな友人に裏切られたような形ですからね…。

記事最後の「彼らとは昔のような関係にはもう戻れないであろうことを、最も残念に思います。」という1文が切ない。

 

GAINAXがトップの権利を他会社に売却したとあり、気になったのでスパロボTの版権表記を確認してみました。

f:id:nakaoni:20191230103936p:plain

GAINAXの版権表記が確認できます。

ということは、権利はGAINAXに戻ってるんでしょうか。よくよく考えれば、トップ3はGAINAXが製作すると発表されているわけですから、権利を持ってないとおかしいわけですが。

 

何はともあれ、今回の騒動、一連の経緯については色々と思うところがありました。これらの経緯を知った後だと、シンカリオンでのエヴァの活躍がなんだか嬉しいですね…複雑な感じですが。