ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

【グランベルム】ロサは死んでしまったのか?本編の描写から考察してみる【考察】

f:id:nakaoni:20190706125420j:plain


ホワイトリリィ対クレストアンス戦での描写が気になったので考察してみます。

 

状況①核が砕けている

覚醒したホワイトリリィの高出力魔法を受けたクレストアンスですが、そこに気になる描写があります。それは、機体の「核」のようなものが砕け散っていることです。

f:id:nakaoni:20190706122849j:plain

意味ありげにアップされた「核」がハッキリと砕け散っている

これが何を示唆しているのかはハッキリとわかりませんが、直後にロサが消滅するような演出がありました。「魔術師が最後の1人になるまで戦う」というセリフもありましたし、仮面ライダー龍騎やFateシリーズのように死んでいる可能性があります。

 

「キャラデザもメカも可愛いし、それはないんじゃない?」とも思いましたが、過去の話やキャラクターの言葉に嫉妬などの生々しさを感じたり、ハードな世界だという印象も受けました。そのため、衝撃的な展開も十分あり得るのではないか、と考えています。

 

状況②魂が還っている?

コアが砕け散った後、大魔術師たちが魔力を封印したという場所にクレストアンスが吸収される。この描写だけではなんとも言えませんが、ロサ=魔力ごと吸収されているのではないか?と考えています。Fateの聖杯とサーヴァントの関係ですね。最後の1人になるまで戦う、というのは口実で、捧げられた魂(魔力)を使って何か陰謀めいたことが裏で考えられているのではないか…と深読みしています。

 

f:id:nakaoni:20190706124639j:plain

魔術師たちの魂を集めている?

たっぷりの戦闘シーンで満足させつつ、謎を残して終わったグランベルム第1話。今後の展開が楽しみです。