ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

寝る前にスマホをいじるのはやめようと思った話

今日、こんな本を読みました。

 

 

名前の通り、この本は時間の使い方について書いてある本で、非常にためになるものでした。その中でも、「これはいい」と思ったものがあったのでメモ的に書いてみます。

 

アナログのすすめ

本書によると、寝る2時間前にはスマホなどのデジタル機器から離れたほうがいいそうです。刺激が強いからですね。刺激が強いという意味では、映画やゲームなんかもやめたほうがいいそうです。

 

代わりに何をすればいいかというと、読書や会話、音楽鑑賞などリラックスできるものだそうです。で、実際20分くらい読書(というか勉強用のテキスト)をしてたんですが…これがとてもいい。集中できるってのもあるし、時間の流れがゆっくりになった感じがとてもリラックスできる。

 

便利な現代においてスマホから完全に離れるのは難しいけど、情報に溢れているからこそ、いったん距離をおいてみるのは良いかもしれないと思いました。実は、最近ブログを書けてなかったのもその辺に理由の一端があるような気がしてまして。

 

日々、様々な情報に触れていると、楽しい反面疲れるんですよね。知らぬ間に消耗してしまっているし、思考力が奪われている気がする。情報に主体的になっているつもりが、逆に受動的になっている。そんな気がするんです。

 

でも、上述した通り、デジタルから離れることで見えてくる世界もあるなと感じています。普段デジタルにまみれているからこそ、意識的に離れる必要がありそうです。

 

ほんとは、この時間にパソコンの画面を見ているのは良くないんですけど、すごくいいなぁと感じたので記事にしました。正直継続できるかはわからないけど、とてもいい気分です。本はkindleで読むことが多かったけど、紙の本をめくりながらゆったりした時間を過ごしてみたいと思いました。