ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

【スパロボT】初週売り上げ13万本!単発3部作との比較・今後の展望

f:id:nakaoni:20190320065926p:plain


スパロボTの初週売り上げが四亀から判明しました。ps4が約9万、switchが約4.5万となっており、PS4版の売り上げが主力となっています。

 

f:id:nakaoni:20190327231649j:image

 

出元:株式会社メディアクリエイトhttps://www.m-create.com/

 

単発3部作の比較

f:id:nakaoni:20190327231706j:image

 

こうして比較してみると、PS4版の売り上げはかなり安定しています。新作が出たら買う!という固定層じゃないかと思われます。一方、vita版はV→Xで3万も落としていますし、そのX→Tでも1万落としています(switchは携帯ハードってことでvitaと同列扱い)。この差分はライト層だと思われます。

 

Vは各世代へ向けたわかりやすい人気作がバランスよく参戦しており、「THE スパロボ」感がありました。なので、比較的若い世代でも手に取りやすかった。それに対してX・Tは「30代狙い撃ち」と言わんばかりに年代の偏ったスパロボです。

 

そのため、好きな作品が少ないと感じた若年層の足が遠のいたんじゃないかと思います。

 

ただ、この若年層を切り捨てたラインナップが悪いかというとそうでもなく、V→Xが合算で4万落ちたのに対し、X→Tは1万で済んでいます。これは、Gガンやガンソードといったアンケート人気の高い復帰作、レイアースのような待望の新規作をキッチリ出したことによる成果でしょう。需要と供給が合致した感じ。

 

今後はどうなる?

次回作も今回と同じような路線でいくならば、売り上げも大きくぶれることはなさそうです。ただ、ずっとこのままでは先がない。V・X・Tがセットで3部作のような扱いになっていることを思えば、この1年間隔リリースは一旦終了なのかな、とも思います。

 

そして、シリーズ全体の底上げを図るべく、全方面へ向けた新生スパロボを30周年で出すために「BBは」しばしの休眠に入り力を蓄えるんじゃないかと思います。新規参戦も新しめの作品を出し、若年層への請求力を強める必要があるでしょうし(Tはマジンガー除けば楽園追放が1番新しいけど、4年以上前だよ)。

 

ちょっと大胆すぎる予想じゃないかって?それは百も承知。ただ、Tをクリアして、やっぱりこれが一区切りなんじゃないかって思ったんですよ。