スパロボ道

スパロボの考察を中心にゲームやアニメ感想も書いていきます

ガンダムNT(ナラティブ)のスパロボ参戦を考える

f:id:nakaoni:20190217132112p:plain


さて、遅ればせながらガンダムNTを見ましたので、スパロボ参戦についても考えていこうと思います。まあ、スパクロにはすでに参戦していますが。今回は本家への参戦を考えていきます。

感想記事はこちら

www.nakaonisrw.com

 

 

シナリオ・世界観

宇宙世紀ガンダムということで、本家では常連のZ、逆シャアらとの相性は良さそうです。また、フェネクス絡みでユニコーンに新規性を出せるのもおいしい。フェネクスという点では、Gレコとも「FROM THE PAST TO THE FUTURE」で共演しており、Xで素材を作ったGレコともタイミングがいい。

 

話の規模自体はユニコーン同様小さいものなので、シナリオに組み込むのも難はなさそうです。一方、規模が小さいと他作品のインフレ・話のスケールについていけなくなることが懸念されますが、そこは「ニュータイプの拡大解釈」で何とかなるでしょう。

 

というより、NTはオカルトが過ぎるので、むしろスパロボとの相性は良いと言えます。無人で動くフェネクス、サイコパワーで超質量の物体を動かす、タンク燃料を臨海にする、それらを鎮める…などなど、スーパーロボットっぷりが著しいのです。

 

そのトンデモっぷりは「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀」で公式が「これ別のアニメじゃないの⁉」とネタにするほど。また、「永遠の命」「クローン人間」「人道に反した人体実験」などクロスオーバーしやすそうなワードもちらほらあります。

 

戦闘アニメ

近年のスパロボで問題となっている戦闘アニメ負担ですが、今回は必要な機体数があまり多くないように思います。最低限必要なのは

 

フェネクス

ナラティブ

シナンジュスタイン

ネオジオング2nd

 

くらいじゃないでしょうか。

もちろんシェザール隊の機体も必要ですが、そこまで負担にはならないでしょう。あまり好ましくないかもしれませんが、XのGレコのように他の宇宙世紀の機体に乗り込むという手もありますし。個人的には結構好きですが。

 

結論:インフレが追い風な宇宙世紀ガンダム

常連の宇宙世紀ガンダムとの相性の良さ、ニュータイプの拡大解釈によるオカルトっぷり、必要機体数が少ないことによる戦闘アニメの負担軽減。近年のスパロボの環境が追い風になっている節があり、参戦は有力でしょう。

 

前述した宇宙世紀ガンダムとの絡みはもちろんですが、BXのユニコーンのように単独参戦しても存在感を発揮するんじゃないかと思います。BXの場合、ラプラスの箱が他作品とあまり関係せず、袖付も単独で動いていたことからイマイチ馴染んでいないところもありました。

 

しかし、NTの場合は「フェネクスを捕獲することで永遠の命(死者との会話等)」を得られるかもしれない、というガンダムの枠を超えてクロスオーバーさせやすい要素があります。これらのことから、あらゆるスパロボで活躍しうるポテンシャルを秘めた作品なんじゃないかと思いました。

 

単純にNT好きだから参戦してほしいしね!