ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

始末書は、反省するだけで金がもらえる「ボーナスタイム」という話 ~バイトでミスしたあなたへ~

f:id:nakaoni:20181217101148j:plain


バイトでミスして反省書…落ち込みますよね。でも大丈夫!実は反省書はバイトにとって「得」なんです。なぜ得なのか、3つの理由をご紹介します。

 

お得な理由1:時間がつぶせる

反省書を書くのって、就業時間中ですよね?で、反省書って結構楽じゃないですか。僕のところだと、上の人が内容を考えてくれて、それを書くだけです。めっちゃ楽ですね。ただ、反省書って結構しっかりした内容を書かなくちゃいけなくて、何回か書き直すことがあるんです。

 

そうすると、だいたい1枚書くのに10~20分くらいかかります。つまり、反省するだけでお金がもらえるっていう夢の状況なんですよね。すごくないですか?普通はレジ売ったりお客さんの対応しなきゃ貰えないのに、ただ反省するだけでお金になるんですよ?こんなの、反省書を書かない理由がないですね。

 

お得な理由2:同情される

注意されたり怒られてると、周りが同情してくれたりします。これってすごくおいしい。だって、ほんとは自分が悪いから怒られてるのに、なぜか怒っている相手に負い目を感じさせることができるから。

 

相手は何も悪くないのに、ほんとに悪い自分は「大丈夫?」とか「気にしなくていいよ」と温かい声をかけてもらえます。まあ、周りが優しい職場だからかもしれませんが。

 

お得な理由3:字がうまくなる

反省書って手書きで書くところが多いんじゃないかと思うんですけど、丁寧に書かないと書き直しされるんですよね。そうなると、必然的にきれいに書く必要があって、いやでも字がうまくなります。つまり、会社の金で字を上手に書く練習をさせてもらってるようなもんです。

 

今の時代、手書きの必然性って薄いかもしれません。でも、だからこそ手書きではがきを書いたりすると印象に残るし、温かみを感じます。反省書という名目で練習させてくれるんですから、ありがたい話です。

 

まとめ:反省書が来たら喜べ!

これで、反省書が最高だと分かったと思います。落ち込むのは仕方ないけど、プラスに考えることができれば儲けもんです。それが無理でも、私みたいなクズを見て自尊心を保っていただければ幸いです。