ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

スパクロは本家が拾いきれない人気作の受け皿なのか?

※卒論死んでて頭が働いてないので文章におかしいところがあるかもしれません。まとまりがないかもしれませんが良ければどうぞ。後で書き直すかも。

 

先日、スパクロ公式からゼオライマーの期間限定参戦が発表されました。

 

これを見て思ったことがあるので記事にて紹介。

 

増えすぎたロボット作品

好きな作品が久々に参戦したと思ったらスパクロだった…。そっちに出ても嬉しくねえよ、と思う方は結構いらっしゃると思います。かくいう私も、キングゲイナーは本家に出してよ…なんて思ったりしてます。

 

ですが、それは難しい話なのです。なぜなら「拡大し続けるロボアニメに対してスパロボの発売ペースが追いつかないから」です。

 

もちろん、参戦作品の流用や作業量の問題もあります。ですが、それを抜きにしても供給が追いつきません。

 

拡大する需要と縮小する供給

復帰を望まれるガンダム作品やzシリーズのリストラ組、未参戦作品や新作アニメetc.

 

25年も続いているシリーズですから、ファンの幅も広いし、ロボット作品の数だって増える。歴史があるからこそ、需要が増える。

 

だけども、1作に参戦させられる作品数には限度があります。それに、拡大するロボットアニメと反比例するように、スパロボの発売ペースは落ちている。どうやっても、ユーザーの意見を拾いきることなど出来ないのです。

 

スパクロという受け皿

「要望が高いけど参戦させられなかった作品達」を柔軟に出してくれるのがスパクロなんだと思います。

 

ドラグナーやグレンダイザー、それに今回のゼオライマー。要望があるのはわかってるけど、本家に出せていない作品をキャッチアップする。

 

今後は、人気作でも本家とスパクロで分かれそうです。ただ、復帰作に関して言えば

スパクロ参戦⇨本家にも参戦という流れが出来つつあるように思います。(F91、ガオガイガー等)