ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

忙しい社会人のブログを更新する時間を考えてみた

f:id:nakaoni:20181217101148j:plain


僕は今学生で、比較的自由にブログを更新出来ています。しかし、社会人になったら仕事で忙しく、ブログをやってる暇なんてなさそうだなぁと感じています。

 

そこで、社会人のどこにブログ更新時間があるか考えてみました。

 

 

出勤前

朝、早めに起きれば1記事くらいは書けそうです。あまり手の込んだものは時間がかかるので、オピニオン系やまとめ記事になるかと思います。

 

せっかく朝なので、朝食について記事にするのはいいかもしれません。〜は栄養満点!とか「GI値」について書くと受けも良さそうだし、自分にとっても備忘録になります。

 

駅までの歩き時間

歩いてる時間も、音声入力を使えば下書きくらいは書けます。AirPodsを使えばスマホを仕舞ったままでいいのが楽ですね。

 

ただ、音声入力の精度はちょっとイマイチ。なので、音声を録音してyoutubeに公開するのもありだと思います。

 

声だけで動画になるの?という疑問があると思います。別に、YouTuberのように凝ったものを作る必要はないでしょう。

 

身近で起きた面白いこと、感じたこと、意見。これらを3〜5分くらい喋って、後から最低限のスライド背景を作れば簡易ラジオになります。

 

また、朝のニュースから気になったものをピックアップし、それに対する解説や意見をするのもいいでしょう。自分でニュース番組をやる感じです。

 

通勤中

これまた下書き。もしくは、構成を考えたり、ネタだしをするのもいいかと思います。ブログのネタを得るために、youtube動画をDLしておくのもいいかもしれません。

 

昼休み

パソコンを持ち込んであれば、がっつり書けます。食事を10分くらいで済ませれば、残りは50分。1記事しっかり書けます。

 

昼休みは同僚と話したい、という場合でも、ネタは転がっているでしょう。食べに行ったお店、会話に出た話題。なんでもネタになります。

 

帰宅後

疲れてますよね。ツイキャスとかで酒飲みながら配信はどうでしょう。SNS集客という点では、楽しみながら出来ていいと思います。

 

まとめ

細切れ時間を使えば、意外といける気がしませんか?ブログを書く気力はないよって人も、ツイッターで断片を呟くことはできます。

 

そして、帰宅後にそれをまとめるだけで1記事出来上がります。これなら、比較的無理なく続けられそう。

 

どうしてもダメな時はサボりましょう。無理して書いても続きませんから。それでは。