スパロボ道

スパロボの考察を中心にゲームやアニメ感想も書いていきます

僕の初スパロボとその出会い。鋼の戦士達がもたらしたもの

f:id:nakaoni:20181202003654j:plain


当ブログで「初スパロボ」と検索してくださった方がいるようです。僕自身、初スパロボについて書きたいなぁという想いがありますので書いてみます。

 

スパロボを知った日

まず、「スパロボ」というタイトルをどこで知ったのか話します。ファミ通?youtube?いいえ、「三丁目の夕日」です。意外すぎますね笑

親が三丁目の夕日好きで、単行本がいっぱいあったんです。

 

その中の1つに裏表紙がロボットだらけのものがあったんですよ。多分、スクコマです。「あ、エヴァンゲリオンだ。でも、周りのロボットは…なんだこれ?人の顔みたいなロボットだなぁ」当時はロボットアニメはおろか、アニメ自体全く見ない子供でした。

f:id:nakaoni:20181202003900j:plain

これこれ。みんながこっちを見てて「圧がすごいな」と思ってました笑

ちなみに、人の顔みたいなロボットはライディーンのことです笑(よく考えたら、単行本の裏って広告載ってるか?記憶が曖昧ですがなにかの裏表紙で知ったのは間違いないです)

 

グレンラガンをきっかけに再会

時は流れ、なかおに少年高校時代。高校生は少年じゃないか。まあいいや。

レンタルで見たグレンラガンにめちゃくちゃハマりまして、グレンラガンのゲームを探していました。

 

ところが、単体ゲームはKONAMIから出てるDSのよくわからんゲームだけ。うーん、こういうんじゃないんだよなぁ…。そう思いながら検索を進めると、あるゲームにぶつかります。そう、第2次スーパーロボット大戦zです。

f:id:nakaoni:20181202004040j:plain

Amazonレビューとにらめっこしていたのが懐かしい…

ロボットアニメはグレンラガンしか見ていませんでした。

ただ、中学時代にガンダムVSシリーズのnext +にハマっていましたのでロボット自体は好きでした。余談ですが、最初はアスランのことを女だと思ってました。なんでだよ。

 

ガンダムのアニメとか見たことないけど、まあゲームのpv見てみるか。そしたらまあびっくり。10分以上もあるんですよ。うわ、なんだこのゲーム…と思いつつ見始めると、画面に食い入る自分がいました。めちゃくちゃかっこいいロボット達が、同じゲーム内でめちゃくちゃカッコ良く動いている。これには衝撃を受けました。

 

当時はクロスオーバーというものに触れる機会がなかったので、「同じフォーマットの中で多数の作品が共演している」という豪華さにシビれた。また、俗に言う「主題歌ラッシュ」の熱さにやられてしまいました笑

f:id:nakaoni:20181202004515j:plain

「乳揺れ」を知ったのも破界編の主題歌ラッシュです。素晴らしい文化だ…

もっと戦闘アニメを見てみたい!と思って動画を漁ると、そこには興奮の嵐が待っていました。「あ、ストフリだ!」「これ、パチンコのCMで流れてるアクエリオンじゃん!」「え、あのアニメの曲が流れるの⁉︎」

 

見るもの全てが新鮮で、とにかく衝撃を受けた。自分のゲーム人生の中で、こんなゲームはなかった。カルチャーショックでした。

 

知らない作品だらけなのに、なぜか楽しい

いてもたってもいられなくなり、速攻で購入。ワゴンで1000円だったのが助かった笑

見たことあるのはグレンラガンだけなのですが…なぜか楽しい!

 

アムロやマジンガーZといった「誰もが知ってる超有名キャラクターが同じ画面に存在している」。同じ世界に生き、共通の敵を叩く。それがこんなに楽しいことだなんて思わなかった。

 

それに、知ってる作品に知らない作品のキャラが絡んだり、別作品のはずなのに設定がクロスしている。「世界観ごとミックスし、新たに世界を再構成している」。

ただただ興奮して、シナリオを進めるたびに胸が熱くなりました。

 

戦闘アニメとBGM

戦闘アニメは偉大です。グレンラガンはもちろんのこと、全く知らない作品のロボもカッコいい。「このバルキリーってやつ、ビュンビュン動いてカッコいい!曲もオシャレ!」「ゲイナーって人、カットインで目がキョロキョロしてるのなんかいいな。オーバーフリーズ、バレット!」

f:id:nakaoni:20181202004818j:plain

オーバーフリーズバレットって、語感がいいよね

どんどん知識が蓄積されていく。きっと、スパロボに出会わなかったら知ることがなかったであろうロボットや曲達。男心を刺激するフレーズや固有名詞。

 

ユニットを動かすたび、シナリオを進めるたび、楽しみが2乗されていく。もっと知りたい、もっと楽しみたい。この先には、どんなキャラやロボットがいるんだろう?

追加される武装に目を輝かせました。

 

まとめ:「夢の共演」は、衝撃と興奮の連続だった

なんだか、まとまりのない文になってしまいました。とにかく言いたいのは、スパロボに感謝しているということ。スパロボのおかげで見知らぬ名作に出会えたし、楽しみの幅が増えた。古い作品でも抵抗なく見れるようになった。

 

「見て、マジンガーZもいるんだよ!ルストハリケーン!」教室で友達に見せながらプレイする僕は、鋼の戦士達に夢中だった。

これからも、スパロボを追い続けて、その魅力を分かち合いたいです。