ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

漢は行く、星の海を。 我が青春のアルカディア 無限軌道SSX視聴後感想

f:id:nakaoni:20181126200336p:image

スパロボTの参戦を期に、無限軌道SSXを視聴しましたのでその感想を。ところで、この作品の略称は何がいいんですかね?アルカディア?SSX?見終わったがしっくりこないぜ…。

 

 

個性的なキャラクター

キャラクターがいいです。主人公ハーロックはもちろん、トチロー、タダシもしっかりキャラが立っています。また、未熟さ故にぶつかり合い、成長していく様は2クール分の尺があったからこそだと思います。特に、タダシの成長っぷりは必見です。

キャラごとに書いていきます。

 

ハーロック

この作品の主人公。片目が隠れるほどの荒々しいロン毛に、不屈の意志を宿した目。鼻から頬にかけた傷が只者ではない「漢のオーラ」を感じさせます。

 

そんな外見とは裏腹に、中身は誠実でめちゃくちゃ優しい。仲間は絶対見捨てないし、敵であっても敬意を表する。お茶目な部分もあるけれど、時に厳しく、時に優しく。決めるときはしっかり決める、理想の漢です。

よく口の端をあげてニコッとするのもかわいらしい。

 

戦闘中はよく舵回してるんですが、この回し方がとにかく大げさ笑。そんなに回して壊れないんか?ってくらい回します。今作におけるハーロックの象徴的な動きです。

スパロボのカットインでも再現されてますが、カッコイイです。

f:id:nakaoni:20181126181956j:plain

漢の舵捌きを見よ!…実際、どんくらい回すもんなんですかね?本当にこのくらい回すのかも

井上真樹夫氏の声もいい。ただ渋いだけでなく、「己の信念を貫き通す」そんな威厳を感じさせる声。低音なのに怖さは感じず、ほどよい緊張感と人の良さを感じます。

これがハーロックの魅力に華を添えているのは間違いないです。

トチロー

f:id:nakaoni:20181126201255j:plain

ハーロックの相棒と言うべき存在。ハーロックだけではダメだし、トチローだけでもダメ。お互いを引き立てあう名コンビです。

 

アルカディア号の生みの親であり、凄腕のシステムエンジニア。

もっさりした髪に大きなメガネ、それにデフォルメされた体型。初めて見たときは、「なんか変なおっさんやなぁ」と思ったのが正直なところです(多分20代)。

 

ですが、見た目で判断しちゃいけないのは現実と同じこと。

 

誰とでも気さくに話せ、「大丈夫さ」と励ますことができる人の良さ。

自分がバカにされるのはいいけど、惚れた女の悪口は許さない。叶わない恋だとしても、好きな女を助ける為なら危険にすら飛び込みます。

 

ハーロックとの漢の友情もいい。第17話では、お互いを信じているからこその連携を見せます。長い付き合いだからこその「相棒感」がたまりません。

 

タダシ

f:id:nakaoni:20181126201554p:plain


本作中でもっとも成長したんじゃないかと思えるキャラクター。両親を戦争で失くし、兄弟を守りきれなかった悲しい過去を持っています。

 

子供ながらに、自分の役割を見つけ航海のサポートをします。そんな中で、ハーロック達と行動を共にする事で徐々に「戦士」として成長していきます。

 

戦闘技術はもちろん、精神的にも強くなる。普段はおちゃらけているけど、誰よりも人の気持ちに寄り添える男です。悲劇があれば悲しむし、良いことがあればパーっと明るくなる。

アルカディア号の頼れるムードメーカーです。

 

Mr.ゾーン

f:id:nakaoni:20181126201608p:plain


同じ地球人でありながら、打倒ハーロックを目論む天才科学者。

科学者としてのポストを奪われる原因となったハーロックを憎んでいるようです。

 

ただの嫌なやつで終わらないのがゾーンの魅力。特に好きなエピソードが第12話。

 

この回では、レビィが壊してしまったトチロー製のおもちゃをMr.ゾーンが直してあげるシーンがあります。なぜこのシーンが好きなのかというと、様々な捉え方ができるからです。

「トチローには負けたくないプライドがあるのか?」「根は優しい人間なのか?」

短い描写ですが、とても印象的でした。

 

また、ハーロックを憎みつつも「無二のライバル」として戦いを楽しんでいる節もあります。

 

最後には全宇宙を支配するという野望を掲げたものの、悪意が災いして死んでしまいます。その際もただでは死なず、ハーロックを撃とうとした敵と相打ちになって散ります。

 

単なる悪役ではない、今作で最も好きになったキャラクターでした。

ほんとは5話の奴隷の子が好き

 

シナリオはちょっと残念

メインのお話は正直微妙。

イルミダスに支配された地球を発ち、理想郷アルカディアを目指す…のですが、特筆するようなことはないかな。

 

まあそこは別に良いです。キャラがいいので、1話1話の物語は結構面白い。もちろん、キャラの良さはエピソードがあってこそでありますが。

 

ただ、色々と雑に感じる要素が多かったです。例えば、ケイの意識に眠っている「宝島」の在り処。宝島っていうのはアルカディアへの入り口で、この座標を知ることが物語上重要です。

 

ただ、ケイが「宝島」の情報を思い出すのには条件があります。それは「真実の愛」を知ること。それだけが、アルカディアへの手掛かりであり、シナリオ上盛り上がるシーン…になると思ってました。

 

この辺の描写がかなり雑で、正直がっかり。

 

敵に囲まれてピンチになったところをハーロックに助けられ、医務室で寝ている間に思い出します。この描写、わずか1話分のみ。それまで恋愛感情は読み取れなかったし、そもそもハーロックとの絡み自体大してないです。

 

宝島の場所を思い出してからも、特にそういう描写はなく…。広げた風呂敷を畳めなかった、という印象です。

 

戦闘描写

主砲をメインに戦う。特にバリエーションはないです。

あと、よく敵艦に体当たりしてた印象はあります。アルカディア号頑丈すぎる…。

 

ただ、武装が少ないからといってつまらなかったわけではないです。戦闘は迫力がありましたし、なによりアルカディア号自体がかっこいい。ちょくちょくアップになるドクロマークが雄々しくて大好き。

f:id:nakaoni:20181126201619j:plain

性能もめちゃくちゃ高くて、終盤の方なんてほぼ無傷でした笑。この無双感は好みです。ハーロックの、艦を信用しているからこその戦法や、一見ギャグのような奇策も面白い。どんちゃん騒ぎをやるぞ!

 

総評

全体として観るとイマイチに感じる部分も多いですが、最後まで楽しめました。

作画も崩れることなく、活き活きとしたキャラクター・迫力ある戦闘を描ききっています。シナリオを楽しむというよりは、美麗な作画やキャラを楽しむ感じ。

 

関連作品も見てみたいと思える作品でした。スパロボでの活躍も楽しみです。

 

スパロボT参戦作品の視聴はこちら

www.nakaonisrw.com