ふんわりおにぎりライフ

ゲームの感想や日常を綴っていこうと思います

超集中で作業効率up!Apple WatchにマストなBe Focusedをレビュー[使い方・設定]

はじめに

Be Focusedには無料版と有料版がありますが、私は有料版を使っています。有料版はiPhone、Macとの同期・CSVファイルへの書き出しをできますが、最も大きなメリットは広告が表示されないことです。集中して作業を効率化させるためのアプリなのに、広告で気が散ってしまってはしょうがないと思うからです。値段も比較的安価ですし、有料版の方をお勧めします。

Be Focused Pro - Focus Timer
240円
(2018.12.22時点)
posted with ポチレバ

Be focusedってなんなの?

Be focusedは時間管理アプリとしてロングセラーになっています。

その理由は、ポモドーロテクニックという理論を採用した実践的なタイマーアプリだからです。このポモドーロテクニックというのは、25分の集中と5分の休憩を繰り返すことで常に集中力のピークを保って作業ができる仕事術です。

私の経験

1時間勉強するぞ!と意気込んだはいいものの、あんまり集中してなかったり、twitter見ちゃってたりする経験ありません?私はありました。その結果、高校では進学クラスに配属になったにもかかわらず、最終的にはテストの成績クラス最下位、学年全体で見ても下から数えたほうが早いというダメ学生になってました。俺ってダメだな…と思うことも多々あり、正直辛い時期でした。そして今、Be focusedを使って思うのは「あの時に知っていれば…」という後悔の念と「今、かつての俺と同じ状況にいる人に知ってほしい!」ということです。

iPhoneでも使えますので、集中できなくて辛い…という人におススメです。

Be Focused Pro - Focus Timer
240円
(2018.12.22時点)
posted with ポチレバ

Be focusedの設定方法

Be focusedはあまり設定する部分がないのですが、英語で表記されているためわかりにくいです。画像で各項目を説明します。f:id:nakaoni:20181118193043j:image

基本的にはデフォルトの状態でいいと思うのですが、赤枠で囲んだ部分に関してはカスタマイズしています。

まず、ロング休憩が20分の理由。これは、20分が「都合がいい」からです。

私の場合、1.ウォーキング・2.昼寝・3.食事をしています。以下、その理由です。

1.ウォーキング

あまり負荷をかけずに有酸素運動ができ、外の空気を吸ってリフレッシュできるためです。外を歩いているとモヤモヤした考えなどがクリアになっていくので個人的に気持ちがいいです。肝心のなぜ20分なのかという部分ですが、近所を一周しておうちに帰るのにちょうどいい時間だからです笑

2.昼寝

 こちらの記事によると、短時間の睡眠でも気分が良くなったり、学習効果が上がったりする研究結果があるそうです。また、メンタリストのDAIGOさんも20分休憩の効果についてご自身のYouTube動画内で言及しています。ちなみに、昼寝する直前にコーヒーを飲むと起きた際にスッキリと目覚めることができより効果的だそうです。

引用元;women’s Health様

https://womenshealth-jp.com/a-nap-everyday-20180302/

3.食事

ポモドーロをやってる間は、流れを止めたくないんですよね。だから、食事やシャワーもポモドーロのロング休憩中にしてます。簡単に作って、食べて、洗うのサイクルが大体20分くらいなので僕にはちょうどいい感じです。

ロング休憩

次になぜ2セットでロング休憩にしているかですが、25分と5分を4サイクルは正直きつかったからです。その結果目標数に達する前にやめてしまって、2時間前後で終わってしまうことが多かったです。そこで試験的にロング休憩までのサイクルを2にしたところ、最後までやり切れることが多くなりました。より多くの時間がかかってしまいますが、結果として勉強時間が確保できているのですから僕には自分を甘やかすカスタマイズが合っているようです。この辺は人それぞれなので、色々試してみてください。

スタートタイマー

最後にスタートタイマーです。これは自動的に作業と休憩を繰り返して通知する機能なのですが、私はオンにすることをお勧めします。時間が来るたびに手動でタイマーを設定するのは非効率だからです。せっかくの効率化アプリですから、最大限効果を発揮できるようなカスタマイズにすべきでしょう。

 

私の使い方

私は、午前中の方が集中できるので朝起きてからBe focusedを使うことが多い。主な使い方は3つです。

  1. 英語の勉強
  2. 卒論
  3. 読書

これらを日々、25分刻みで行なっています。1時間やるのは気が重いなぁ。という時でも、25分ならなんとか机に向かえるし、多めに休憩を取れるので「あと少しで休憩だ…!」と頑張れます。そうすると、いつのまにか結構な時間作業してたりします。しかも、集中力を最高潮に保ったまま作業できるので、ダレることなく効率的に作業が出来ます。

Apple Watch最高の連携

このアプリはiPhoneでも使える、ということを記事の冒頭で説明しました。しかし、勘のいいあなたは気付いただろう。「iPhoneとApple Watch、両方にインストールされてるってことは通知も二重できてうざくね?」…そう、Apple Watchの性質上、アプリのインストールはiPhone経由になり、両デバイスに同じアプリが存在することになる。だが、このBe focusedはよく考えられており、Apple Watchを使っている間はiPhoneでアラームが鳴らないようになっている。おかげで、無駄に集中力を散らすことなく使用することができる。

まとめ:Be focusedはあなたの作業効率を鬼にする!

作業効率を高める方法は色々あると思う。その中でもポモドーロテクニックは誰でも手軽にでき、効果の高い理論だと思う。もし、有料アプリはちょっと…ということであれば広告付きの無料版から入るのもいいし、標準のタイマーアプリを使って手動でやってみるのもいいでしょう。結局のところ、やってみなきゃ自分に合っているかはわからないからです。

もし、確かな効果を感じたならアプリの購入をオススメします。あなたの日常を変えてくれるかもしれない、間違いなくオススメのアプリです。